プレイ後の虚脱感軽減のために

stripe_frame一時の快楽をデリヘルで味わう、それは気持ち良く楽しい事ではあるのだが、プレイ終了後の虚脱感は無視できない程大きい。これは自宅で自慰行為に耽る時よりもさらに激しいものとなるのが普通だ。自分1人でしている時はお金もかからないし、そもそもそれが当たり前だと思って割り切れるが、相手の女性がいると結局お金で繋がっているだけの関係だと再認識してしまい急速に冷めてしまうのだ。

この悲しみによる心理的負担を軽減させるために、お持ち帰りシステムを各店舗に導入するべきだと私は考えている。最善はデリヘル嬢を自宅に持ち帰りする事が出来れば良いのだが、それは幾らなんでも無理である。そこで、その代用品について考えてみたい。

私は興味が無いのだが、世の中の男性は女性のパンツに興味関心を示す事が多いようだ。だからその日にプレイのために着用してきたデリヘル嬢のパンツを別れ際にビニール袋等に詰めて、お土産としてプレゼントしてはどうか?

となれば嬢はノーパンで帰るのが嫌かもしれないので、代えのパンツをもう一つもって来ておくと良いだろう。パンツ土産は有料でもいいし、サービスとして無料でもいい。人気嬢のパンツなら将来的にプレミアがつく可能性すらあるだろう。

コメントを残す

サブコンテンツ